日本大学芸術学部OPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

マサオカ シキ シュウ

正岡子規集 / 久保田正文編

(明治文学全集;53)
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 1975.4
大きさ 464p, 図版2p ; 23cm
著者標目 正岡, 子規(1867-1902) <マサオカ, シキ>
久保田, 正文(1912-) <クボタ, マサフミ>
目次

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 資料番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 検索結果メモ 原簿番号
文芸学科資料室
918.6||Me25||53 F0000218924
4480103538

00058097
所沢書庫 1階旧分室
918.6||Me25||53 F0000093623
4480103538

00056481
所沢書庫 A書庫
918.6||Me25||53 F0000191032
4480103538

00056482

書誌詳細を非表示

一般注記 年譜: p421-440
参考文献: p441-462
内容注記 筆まかせ(抄)
棒三昧
新年二十九度
墨のあまり
間人間話
十年前の夏
小園の記
病牀譫語
飯待つ間
根岸草廬記事
熊手と提灯
消息
銅像雑感
新年雑記

ラムプの影
ホトトギス第四巻第一号のはじめに
明治丗三年十月十五日記事
死後
くだもの
命のあまり
病牀苦語
天王寺畔の蝸牛廬
九月十四日の朝
煩悶
獺祭書屋俳話 : 増補再版(抄)
地図的観念と絵画的観念
俳諧反故篭
俳句新派の傾向
病牀問答
万葉集巻十六
曙覧の歌
歌話
鶴物語
「こやす」といふ動詞
竹里歌話
万葉集を読む
我邦に短篇韻文の起りし所以を論ず
文界八つあたり
作家評家
若菜集の詩と画
早稲田文学廃刊
写生,写実
叙事文
獺祭書屋俳句帖抄
竹乃里歌(抄)
仰臥漫録
分 類 NDC8:918.6
NDLC:KH6
書誌ID 1000046331
NCID BN01044437 WCLINK
ISBN 4480103538
本文言語 日本語
巻冊次 ISBN:4480103538

検索結果一覧に戻る ページトップ